愛媛のしまなみ海道で島ぐらししてますムラカミです。東京からUターンして築60年270㎡の古民家から遺伝子レベルの豊かさ発信してます。


衝撃的なニュースが飛び込んできました。
 

  

お、泳いでやがる。


人の移住はそこそこなのにイノシシの移住が盛んです。

流行っているんですかね、あちらでも。

「島はいいよーみかん分けてもらえるし、ミミズも食べ放題。」

人にもいい環境はイノシシにも好まれるようですね。とほほ

関連記事:イノシシとの戦い2017

 

猟師さんの協力のもと箱罠というものを仕掛けていきます。


IMG 5122

前回仕掛けいた場所から移動させてうちの庭へ。 

 

設置する時の注意点。



・必ず免許をもっている猟師さんと一緒にやる

農家の方をのぞき自宅にくる鳥獣に罠を仕掛けるのは無免許ではNGです



・来ているイノシシのサイズ

でかすぎると捕まった後の対応に困ることがあります

今回うちに来ているイノシシは100kg近くありそうということで

くくり罠から箱罠に変更しました


 ・使う罠の種類

くくり罠だとシメる作業に鉄砲を打つ可能性が高くなります

しかも民家が近いと鉄砲がNGになるのでシメれません

またくくり罠だと暴れまわって

最悪「脚を引きちぎって」でも逃げる可能性があり逃げたあと隣人への被害の可能性があります

ということで今回は箱罠の一択で設置。 
 
 

すぐ仕掛けを設定しない。

 
イノシシが箱の中に入り扉が閉まるという仕掛けをするんですが

設置後すぐには仕掛けを作動させません。

というのもイノシシもアホではないので箱の中に入って

「ありゃーーー」

なんてことはないのです。

まずは周辺に食べかすやイノシシの好物をおき

箱罠の中にも置いておきます

ちゃんとイノシシが箱罠の中のエサを食べるようになっているのが確認できてから

仕掛けを作動させます。

と思ったらいきなり大物が…..。

 

 

アホですね、猟師さんにわざわざ撮って頂きました(笑)

 

ついでに監視カメラも設置。 

何か動いたものを感知すると作動する暗視カメラです。

IMG 5054

 

設置後3日で映っていたものは…..

IMG 5272

 

 

 

 

 「さっきワナのカメラ見たら、ねこ、タヌキ、シュウヘイ、

ねこ、シュウヘイ、タヌキ、ねこ、ネコ、ねこ、タヌキって感じでした。」

 

IMG 5270

 

 

 

 

 「ぼくはこんな感じで可愛く映っていたんでしょうか。」

 

IMG 5272
 
 
 
 

 「……………….。」

 

イノシシもアホじゃない。

 

人がきてたらわかるし、エサもその付近でとれそうなエサ以外だとかなり警戒するようです。

「仕掛けたらバンバンかかる」

なんてことはないようです。
 
骨折もほとんど完治したのでぼちぼち島に帰って

罠の様子見てきたいと思います

戦いは長期戦になりそう…..。
 
関連記事:【閲覧注意】イノシシとの戦いの終焉。解体の様子をタイムラプス(早送り)動画でご紹介。

 

人気記事セレクション。 

折れた骨と引き換えにはあちゅうさんご本人からラブレターが届いたよ!  


Instagramやってます。


フォローはこちら

   

島ぐらし気になった方は気軽に連絡ください

ツイッターはこちら

 

最後まで読んでくれた方へ。

LINE更新通知

2ステップで簡単です。

下のLINEで読者になるボタンをクリックしてライブドアブログのLINEを追加して

「しまなみじゃーなりんぐ。」の更新通知の設定をするだけです。

 

SPONSORED LINK